ストライダー クラシックモデル 12インチ 2021人気の キックバイク グリーン 日本正規品 本体 限定品

ストライダー クラシックモデル 12インチ キックバイク 本体 グリーン 日本正規品

8393円 ストライダー クラシックモデル 12インチ キックバイク 本体 グリーン 日本正規品 おもちゃ 乗用玩具・三輪車 ペダルなし自転車 8393円 ストライダー クラシックモデル 12インチ キックバイク 本体 グリーン 日本正規品 おもちゃ 乗用玩具・三輪車 ペダルなし自転車 pamelabushauthor.com,本体,グリーン,ストライダー,おもちゃ , 乗用玩具・三輪車 , ペダルなし自転車,日本正規品,12インチ,クラシックモデル,8393円,キックバイク,/ephyrula547700.html ストライダー クラシックモデル 12インチ キックバイク グリーン 日本正規品 本体 限定品 pamelabushauthor.com,本体,グリーン,ストライダー,おもちゃ , 乗用玩具・三輪車 , ペダルなし自転車,日本正規品,12インチ,クラシックモデル,8393円,キックバイク,/ephyrula547700.html ストライダー クラシックモデル 12インチ キックバイク グリーン 日本正規品 本体 限定品

8393円

ストライダー クラシックモデル 12インチ キックバイク 本体 グリーン 日本正規品







キッズ用ランニングバイク STRIDER (ストライダー) クラシックモデル グリーン 日本正規品

(Amazon.co.jpより)


メーカーによる説明

11
44

クラシックモデルとスポーツモデルの違い

<ハンドル部分>

■クラシックモデル

一般的なサイズ22mmのハンドルバーを採用。グリップエンド部分は衝撃吸収性の高い3重構造。

■スポーツモデル

ハンドルバーは13mmと細く、小さなお子様でも握りやすくフィット感の高い樽型グリップを採用。また、転倒時の衝撃を和らげるハンドルバーパットが標準装備。

55

<フットステップ部分>

■クラシックモデル

フレームにすべり止めテープが貼られており、足を車体に乗せて乗ることができます。

■スポーツモデル

フラットですべりにくいフットステップ(足乗せステップ)が標準装備。車体に足を乗せやすく、スタンディングポジションでのライディングなど、よりアクティブに車体をコントロールできます。

66

<シート部分>

■クラシックモデル

軽量なプラスチック製シートを採用。

■スポーツモデル

シートはクッション性と防水性を両立した軟質系樹脂素材を採用。シート形状も人間工学に基づいた形状で、乗り心地も格段に向上しています。より長く乗っていただけるよう、4-5歳用のXLロングシートポストが標準装備されています。

44

55

66

5 8 8 8 6 66
クラシック スポーツモデル Pro 14x ロッキングストライダー スポーツモデル×神山隆二 RATFACE
重量(kg) 3kg 3kg 2.5kg 車体重量 5.9kg、ペダルユニット有り 7.4kg ストライダー本体3.0kg、ロッキングベース2.8kg 3kg
カラーバリエーション 4 7 3 4 6 1
対象年齢 1.5~5歳 1.5~5歳 1.5~5歳 3~7歳 0歳(つかまり立ちが出来たら)~5歳 1.5~5歳
フレーム素材 スチール製 スチール製 アルミ製 スチール製 フレーム:スチール製 タイヤ:EVA(エチレン酢酸ビニールコポリマー) スチール製
特徴 発売当時から変わらないシンプルで飽きがこないデザイン スポーツモデルのシートはクッション性があるので、お子様のおしりを守り乗り心地もサポートします。 主要パーツがアルミ製となり、錆びにくく、剛性が向上。スポーツモデルより500g軽量化。 ストライダー14xは、14インチホイールと着脱式ペダルユニットを搭載した全く新しいストライダーです。※通常のストライダーよりもひと回り大きいサイズ。 ストライダー本体3.0kg、ロッキングベース2.8kg アーティスト神山隆二氏とコラボレーションした「ストライダー×神山隆二 RATFACEモデル」※12インチ、スポーツモデルと同型

ストライダー クラシックモデル 12インチ キックバイク 本体 グリーン 日本正規品

非力な3歳女児でも振り回せる軽さは魅力です。特段練習もしないで勝手に乗れるようになりました。最初は椅子が痛いと言っていましたが、乗り方が変なだけで体の使い方を覚えれば言わなくなりました。気になるのはタイヤです。路上で使用すると摩耗で速攻タイヤがちびります。耐久性はかなり低いかと思います。 続きを読む
タイミングが上手くいかず、意図せず上の子、下の子ともに同社品を買う事に(笑)下の子はサドルにクッションがあったバージョンと今回の話題のサドルがカッチカチバージョン両方を使用することになりました。結果としては全く違和感を訴えることなく、3歳になってオムツが取れ、普通の下着になってもオシリを痛がることはありません。痛くて数分しか乗れないという原因の1番はポジショニングではないでしょうか?ロードバイクでもそうですが、ママチャリみたいにどっかりとサドルに腰かけて『乗る』乗り物ではありません。上肢・下肢・お尻と体圧を分散することでほぼ問題なく乗車できます。スポーツタイプにクッションが付いているのは、クッション=高級感と感じる人への訴求力を高めたいだけでしょう。あの程度のクッションでは大して除圧などできません。そもそもあのクッションのせいで、サドルカバーが破れて先代の方が貧乏臭いまであります…跨いで、しっかりと立った状態から(足でブレーキがかけられる程度の)少し膝が曲がる位にサドル調整し、ハンドル位置もやや前傾となるよう調整したら変わると思うのですが…あとは、好き嫌いでしょう。横で親が楽しそうに自転車に乗ってたらやってみたくなると思いますよ。 続きを読む
娘が3歳の誕生日にプレゼントしました。女の子だけど赤やピンクではなく、将来のバイカー女子に育って欲しいと願い、敢えてカワサキカラーのライトグリーンにしました。あれから半年が経ち、見事に乗りこなすまでに上達しました。買ってよかったです。あ、それと…初めはブレーキが付いていないのが少し不安でしたが、逆にスピードが出過ぎる下り坂や、進路上の障害物など、自らスピードを落とすクセがつき、安全運転に対する意識も自然についたかなと思います。 続きを読む
大喜びで毎日乗りたがるのですが、他のレビューにあって危惧した通り尻が痛いようでした。痛がりながら乗ってて可哀そうだったので、座面にクッション性のあるサドルカバーつけたら、それ以降は快適なようです。 続きを読む

PEOPLE

READ MORE
FOLLOW